お問い合わせ Home

クリーン農業

クリーン農業推進

1.JGAPについて                                                                                         

GAPとはGood(良い)Agricultural(農業)をPractice(実践)することで、今やっている農作業を点検し、記録に残し、改善する取り組みで、安全・高品質な農作物を消費者に届けるとともに環境負荷の低減を行なうことです。そのためには環境や経済面を含めた持続的な農業生産が行なわれることが必要になります。                                               JGAP(農業生産工程管理手法)とは下記の4つのテーマを実現するために、抑えるべき農場管理のポイントをまとめたものです。                                                                                                                                                (1)農作物の安全                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (2)環境への配慮                                                                                                                                 (3)産者の安全と福祉                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          (4)農場経営と販売管理

JGAPによる利点

?質の高い農場経営

  1. GAP基準の「作業標準化・手順書」に基づく効率的な農場管理の実現
  2. 「リスク管理」による危機管理体制の確立
  3. 安全を確保し、環境負荷を軽減し、作業員の安全と福祉に配慮する
  4. 効率的で適切な農場管理の導入

?顧客から信頼される農場管理

  1. 農産物バイヤーをはじめ会社全体にPRすることができる
  2. 農産物生産と流通に関わる全ての人が認識しやすい
  3. バイヤーとの間で信頼に基づく安定的な取引関係を築くことができる 

 2. エコファマーについて 

「エコファーマー」は平成11年に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」(持続農業法)に基づいて「土づくり」「化学肥料削減」「農薬削減」の3つの技術の組み合わせにより環境保全型農業を推進するとして都道府県知事に認められた生産者の「愛称」である。

「持続農業法」は安心、安全な農作物を求める消費者のニーズに応えるとともに、農業が持続的に発展するには「自然循環機能の維持増進」が不可欠であり、こうした農業を推進するために制定されたもので、都道府県ごとに3つの技術の「導入指針」を策定しています。

エコファマーに認定されると、農業改良資金の借入限度額の引き上げや、農業機械購入時の税制上の優遇措置が受けられるが、大手スーパーや量販店もエコファーマーの認定を取引の条件とするケースが多くなっていることから有利販売も期待されます。

この法律に基づき平成14年、高岡施設園芸生産組合員(通称ミニトマト部会)8名が認定されました。生産組合は設立当初から堆肥を使った土づくりや、有色マルチ被覆による減農薬栽培など環境保全型農業に取り組んで、8名のうち3名はミニトマトのほかスィートコーン、馬鈴薯などについても認定を受けました。 

3.Yes!Cleanについて 【北の農産物表示制度】                           

北海道では、全国水準より農薬や化学肥料の使用が少ないクリーン農産物栽培が行われていますが、この有利性を消費者にアピールするために、北海道独自の表示制度「北のクリーン農産物表示制度」が平成12年度からスタートしています。愛称は「YES!clean」でイエス!クリーンのシンボルマークと栽培内容の表示[図1]がセットとなります。

■表示対象

北海道でクリーン農業技術を使い農薬や化学肥料を削減して生産された農作物

■生産集団

農協の栽培部会などのグループを想定している

■登録要件

    1. 栽培基準を作成
    2. メンバー間での基準順守の協定を交わす
    3. 適正な生産計画を立てる
    4. 市町村クリーン農業推進協議会による指導体制の整備が必要
YES!clean [図1]

石狩市北の農産物表示制度登録「YES!clean」の状況

  1. 高岡施設園芸組合(石狩市第1号)
    農家戸数 10戸
    登録年月日 平成16年2月
    栽培品目 ミニトマト【愛称:いしかり DE CHU!!】
    作付面積 2.76ha
    出荷予定量 147t
  2. JAいしかり安心米生産組合(石狩市第2号)
    農家戸数 32戸
    登録年月日 平成16年12月
    栽培品目 水稲                   
    作付面積 233ha
    出荷予定量 1,143t