お問い合わせ Home

支援センター概要

設立目的

 近年、農業経営者の高齢化の進展や担い手不足などに加え、農産物の自由化などによる価格の低迷から農業所得が伸び悩み、安定した農業経営を維持していくことが困難な状況となり、地域全体の活力が低下していくことが予想されています。
また、消費者においては食品に対する安全・健康志向が強くなる傾向にあることから、これからの農業には、健康な生活の基礎となる良質な食料を合理的価格で安定的に供給することが期待されております。このような状況の中、大都市近郊に位置する石狩市において、その立地条件をいかし、競争力のある農業の持続的な進展を図るため、新たな地域農業システムを構築していく必要があります。このような農業の諸問題や新たな情勢に即応するため、新しい農業施策の推進体制として「農業総合支援センター」を設立したものです。
 

設立年月日及び所在地

□ 設立
平成 12 年 4 月 1 日
□ 事務所
住所: 〒061-3362
石狩市八幡2丁目332番地11
石狩市農業協同組合本所内
TEL: (0133)66-3345
FAX: (0133)66-3335

構成団体及び組織形態

 農業総合支援センターは、石狩市・石狩市農業協同組合・石狩市農業委員会・北石狩農業協同組合の四者で構成された団体です。
現在、センター長(石狩市農業協同組合営農経済部長 )と事務局3名(市役所2名、石狩市農業協同組合1名)で事業の企画・立案・実施をしております。平成24年4月より厚田区及び浜益区を管轄する北石狩農業協同組合が構成団体となりました。今後関係機関及び団体等と連携しながら石狩市の農業振興に努めて参ります。

農業総合支援センターの主な事業(平成26年度)

  1. 担い手対策関係
    1. 地域づくり事業
    2. 後継者育成事業「いしかり塾」
    3. 新規就農者支援事業 (就農支援資金等)
    4. 指導農業士・農業士支援対策
    5. 農用地利用調整事業
    6. 認定農業者制度に関する事務
  2. 新たなブランド化事業
    1. 新作物試験栽培の取り組み(ハマボウフウ等)
    2. 6次産業化への取り組み
    3. 各部会より受託試験
    4. 栽培技術指導
  3. 生産性の向上と安全・安心な農産物生産支援事業
    1. 生産性の向上とJGAPなどの推進
    2. 安全・安心な農産物生産の推進
  4. 地域特性推進事業
    1. 地域特性推進関係(厚田区・浜益区) 
  5. 広報・宣伝活動
  6. 市民の石狩農業応援団づくりへの支援